'."\n";?> ピアノの誕生

ピアノの誕生

ピアノの誕生

ピアノの誕生

ピアノの歴史は古く、1700年に始まります。
当時は、ピアノといっても今のような形ではなく、「弦を叩いて音を鳴らす楽器」といういいわゆる、試作品のような形状でした。
鍵盤を叩くという鍵盤楽器として、ピアノよりも前に「クラヴィコード」という楽器が生まれていました。
ピアノよりも古い1400年ごろには誕生したといわれています。
しかし、シンプルな構造なので、鳴らす音もピアノよりも小さかったようです。
ただ、ピアノにはない特徴もあり、一度は用いられなくなりました復興し、今でも好む人々の手によって大事に使われています。

 

そして、「チェンバロ」という鍵盤楽器が登場しました。
この楽器は古くから存在しているとも言われ、実際にいつ頃誕生したのかははっきりしていないようですが、1520年ごろの楽器は今も残されています。

 

チェンバロはグラヴィコードよりも音を大きくすることができた楽器で、17世紀、18世紀中ごろまでは、貴族達に重宝がられ、人気の楽器となっていました。

 

その後、ピアノが登場します。
ピアノは18世紀初頭に生まれます。
1720年に制作されたピアノは現在も残っているのです。
その残っているピアノも含め、ピアノを発明したといわれるのは、バルトロメオ・クリストフォリというイタリア人なのです。
バルトロメオ・クリストフォリはクラヴィコードとチェンバロの良いところを合わせた楽器を発明しました。

 

そして、ピアノは改良を続けながら、バッハやモーツアルトといった作曲家達に愛される楽器となり、広く多くの人々に好まれる楽器となるのです。

ホーム RSS購読 サイトマップ