'."\n";?> 近代~現代のピアノ

近代~現代のピアノ

近代~現代のピアノ

近代~現代のピアノ

バルトロメオ・クリストフォリが発明したピアノは18世紀には人気を一気に集めました。
ピアノは、クリストフォリからオルガン製作者でもあるゴットフリート・ジルバーマンによって改良されていきます。
ジルバーマンは偉大な作曲家バッハに制作したピアノを見せますが、一度目は良い評価をもらえませんでした。
しかし、改良を重ねたピアノを再びバッハに見せたところ高く評価をしてもらえたのです。
高い評価を得たビアノはバッハをはじめ多くの人々に広められました。

 

その後もピアノは改良を重ねて行きます。
ドイツのヨハン・アンドレアス・シュタインによって改良されたピアノは、かの作曲家モーツアルトに好まれるようになるのです。
その後も、多くの作曲家や演奏家にピアノは好まれます。

 

そして、ドイツでこのピアノは広がっていきました。
また、イギリスやフランスでも人気が広がり、産業革命やフランス革命といった時代の変化によりブルジョアといわれる資産家たちの登場にで、上流階級の一部の人々だけでなく、一般の人々にもピアノは広がっていきました。

 

ピアノはその後も改良が進み1800年代に現代のピアノの形になるのです。

 

日本にピアノが普及するには、1887年ヤマハが誕生したことから始まります。
1900年に日本では初のピアノが作られます。
そして、カワイも1927年に創業し、その翌年にはピアノの販売を始めます。
その後はさまざまなピアノ製造会社がうまれ、ピアノは日本にも普及し始めまるのです。
ヤマハは1965年には生産台数が世界一におどりでるようにまで成長しました。

ホーム RSS購読 サイトマップ